分づき精米とは?

玄米から胚芽やヌカを取り除くことを「精米」といいます。
精米の際に胚芽やヌカを一部残して精米したお米を「分づき米」といい、完全に取り除いたものを「精白米」といいます。
分づきには精米度合によって【三分づき】、【五分づき】、【七分づき】などがあり、数字が大きい順に白米に近くなります。
胚芽やヌカには食物繊維やカルシウム、鉄などのミネラル、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれており、精米度合が低いほうが栄養価は高くなります。

分づき米には特有の風味があり、消化にやや時間がかかるため、適量を白米と混ぜて炊いてもよいでしょう。
分づき米が初めての方は白米と見た目や食感も近いので、健康に気を使っていらっしゃる方で「玄米食」が苦手な方は、
「七分づき米」から試してみることをおすすめします。

当店では「3分づき」「5分づき」「7分づき」精米からお選び頂けます

三分づき米

玄米の表皮を3割を目安に削ることでぬか層がほぼ残り、胚芽の栄養はそのまま玄米の香りが楽しめます。玄米よりは軟らかく食べやすくなっています。こちらも消化吸収が悪いので、よく噛んでお召し上がり下さい。水加減を多少増やすともっちり炊き上がります。

五分づき米

玄米のヌカ層を半分取り除いたお米のことで、胚芽もヌカも50%以上残っています。胚芽の栄養は、ほぼそのまま白米と玄米のちょうど中間なので、玄米ごはんの香りとごはんの甘みが楽しめます。玄米より消化吸収が良く、食べやすくなります。ただし、食味は白米より劣ります。浸水時間は最低2時間以上、炊飯時の水量は白米の2割増しで炊いて下さい。

七分づき米

玄米を7割精米しているのでお米に白さがあり、胚芽の栄養が一部残っています。7分づき米は、通常の炊飯と同じ方法で炊くことができるので、初めての人でも食べやすく(一番人気)、白米とほとんど変わりないのでおすすめです。

やはり、白米に比べるとやや硬さが残りますので、好みに応じて搗き加減を変えると良いでしょう。2時間は浸した方が無難です。

注文履歴や所得ポイントなどの確認はこちら

マイページログイン

Members only page

種類から選ぶ

  • 減農薬シリーズ
  • もちもちした食感低アミロース米
  • その他の種類
  • 三輪素麺
  • カルゲン米

ブランドから選ぶ

  • コシヒカリ
  • ミルキークイーン
  • こしいぶき
  • あきたこまち
  • ヒノヒカリ
  • ゆめぴりか
  • ひとめぼれ
  • 華越前
  • ブレンド米
  • その他
  • もち米
  •  
お米の国 株式会社 中村 奈良県桜井市大字三輪1154番地 tel:0744-42-6156