令和4年産
山形県産ひとめぼれ

販売価格 3,680円(税込)
購入数

米作りに最適な山形県

山形県は四季の変化が鮮やかで、山間部の冬の豪雪はそのまま山に貯えられ、豊かな湧き水となって水田を潤すします。豊富な栄養を蓄えた土壌に加え、年間・昼夜の温度差が大きく、米づくりに最適な条件を備えた産地として、広く知られています。
ひとめぼれは、1981年に宮城県で開発されたお米です。おいしさと耐寒性をあわせ持つお米を目指して、「コシヒカリ」と「初星」という品種をかけ合わせて作られました。

コシヒカリ譲りの味の良さと、栽培が比較的簡単なことによって東北などの寒冷地以外でも作付けされており、現在では北は青森から南は沖縄まで広い地域で栽培されています。
ちなみに、ひとめぼれの名前の由来は「見た目の美しさにひとめぼれ。食べて美味しさにひとめぼれ。愛されるお米」です。
ひとめぼれは、ポスト「ササニシキ」として、瞬く間に作付面積を増やし、コシヒカリに次ぐ規模となっている人気の高い品種です。
1993年に冷害によって壊滅的な被害を受けたササニシキに代わるお米として人気を博し、翌1994年には、コシヒカリに次ぐ作付け面積で全国2位となりました。


和食に合うマイルドな味わい

コシヒカリ譲りの味や食感の良さは残しながらも、コシヒカリのように強い味ではなく、どちらかというと優しい味わいです。
ただ、あきたこまちやササニシキのようなさっぱりとした印象とも違い、ちょうど良いバランスの取れたお米と言えます。
そのマイルドな味わいで高齢者層に非常に人気が高い品種です。
ひとめぼれは、味のバランスに優れた優等生タイプのお米です。そのため、どんな料理にも合います。
それに加えて、コシヒカリ譲りの味の良さを誇り、価格も比較低やすいことから、メニューが幅広い定食屋などの飲食店やコンビニエンスストアでも使われる非常に人気が高いお米です。

またひとめぼれは、程よい粘り気があり、柔らかな炊き上がりなので、焼き魚や刺身などの和食との相性が非常に良いお米です。反対に、ひとめぼれに合わない料理は、柔らかさがデメリットとなる酢飯やカレーには不向きとされています。


配送について

Your recent history

注文履歴や所得ポイントなどの確認はこちら

マイページログイン

Members only page

種類から選ぶ

  • 減農薬 玄米
  • その他 玄米
  • 5キロ白米
  • 10キロ白米
  • その他の種類
  • 三輪素麺
  • もち米

ブランドから選ぶ

  • コシヒカリ
  • 魚沼産コシヒカリ
  • ミルキークイーン
  • あきたこまち
  • ヒノヒカリ
  • ゆめぴりか
  • 新之助
  • こしいぶき
  • ひとめぼれ
  • 華越前
  • つや姫
  • はえぬき
  • 雪若丸
  • みずほの輝き
  • てんたかく
  • ゆめみづほ
  • いちほまれ
  • ブレンド米
  • その他
  • 生産地別
  •  
お米の国 株式会社 中村 奈良県桜井市大字三輪1154番地 tel:0744-42-6156